セラミドの効果のしくみ | オススメのセラミド美容液

セラミドの効果のしくみ

セラミド不足と肌

セラミドは、 セリンというアミノ酸とパルミチン酸という脂肪酸からできた、スフィンゴシンから生成。主に皮膚の一番外側の部分である角質層で、角質細胞同志の隙間を埋めて、細胞同士を強固にくっつける役割を果たしており、細胞間脂質の主成分として存在しています。

細胞間脂質には、脂肪酸やコレステリルエステル、コレステロール、糖セラミド、セラミドがあり、その細胞間脂質の中でも約40~65%を占めているのがセラミドです。

セラミドは角質層に水分を維持し、肌の水分を保持したり、肌を外部刺激から守るバリア的な働きをします。どんなに乾燥した環境でも、セラミドが十分にあり、一定量の水分を脂質間に分子としてつなぎとめておければ肌を保護することができるのです。

つまり、セラミドが不足すると、肌の水分が蒸発し乾燥肌になり、乾燥した肌は、バリア機能が弱まってしまい、汚れや細菌などが侵入しやすい状態に。そうなるとかゆみが発生、かくことで角質がさらに傷つき、肌の水分の蒸発がより進み、皮膚がさらに乾燥していまうという悪循環を起こし、乾燥肌や敏感肌、肌荒れが悪化してしまうのです。

このようにならないためにも、セラミド不足を招かないよう日頃から十分注意しましょう。

セラミドの肌への効用

セラミドは、ヒトの肌の角質層内部にあり、皮膚から水分を逃さないようにしたり、外からの刺激から肌を守る働きのある脂質すなわち油の一種です。

セラミドの化学構造は、油となじみやすい部分(親油基)と水となじみやすい部分(親水基)とがあるため、水分を抱え込むことができます。

そのため、保湿機能やバリア機能を有することになりますが、ほかにもセラミドには肌に対し大切な働きをしています。

それは、細胞が分裂して増えていくのをコントロールしたり、組織のバランス維持のために、細胞を自滅させるなどの役割。また、メラニンの合成を抑え、美白作用やシワを防ぐ働きもしています。

以上のようなことから、セラミドを補うことは、乾燥肌や肌荒れ、その他の肌のトラブルなどで悩んでいる人にとって、理想の肌を実現することになりますね。