セラミドはどれくらい補給したらいいの | オススメのセラミド美容液

セラミドはどれくらい補給したらいいの

セラミド、一日の摂取量

セラミドは、保湿効果が高く、外敵から皮膚を守る作用がありますが、加齢や環境などで減少します。そのため足りないときは必要な摂取量を補うことが大切です。

セラミドは、一日当たり600~1200マイクログラムの摂取量が必要だと言われています。

セラミドを含む食品は、こんにゃく芋、米、小麦、乳製品、大豆、ほうれん草など。特に生芋こんにゃくにはセラミドが多く含まれ、100グラムで1日の必要量が摂れてしまいます。こんにゃくはカロリーゼロですからダイエットしたい女性には一石二鳥ですね。

こんにゃくは、調理方法もいろいろあるので、日々の食事でぜひ摂りたい食品と言えます。なお、セラミドを含むのは「生芋」こんにゃくに限りますから、購入の際にはよく確認しましょう。

セラミドは適量を摂取しよう

セラミドは、年齢や環境、ストレスなどにより減少します。セラミドが不足すると肌トラブルの原因となるので、不足分を摂取する必要があります。

セラミドは、一日に0.6mg以上摂取することで、肌の保湿効や肌荒れ、しわを改善する作用があります。

といって、たくさん摂ればいいというわけではありません。ある研究では、5mgもの量を摂取してもさほど大きな変化はなかったそうです。 上限は1.2mgぐらい。適量を摂るようにしましょう。

セラミドは毎日の食事で摂ることができますが、外食が多い人などはやはりサプリメントがオススメ。

サプリメントからセラミドを取り入れると、血中に入って、毛細血管を介して角質層へと行きわたり、角質層の保水効果を向上させて、皮膚に潤いを与えます。

現在、セラミドを配合したサプリメントはさまざまな種類が販売されています。よくチェックして自分に合ったセラミドサプリを摂取するようにしましょう。

なお、コラーゲンや、ヒアルロン酸と一緒に摂取すると、より効果が現れるそうです。