セラミドとアトピーの関係 | オススメのセラミド美容液

セラミドとアトピーの関係

アトピーとは

アトピーとは、アレルギー体質にさまざまな刺激が加わって生じる痒みを伴う慢性の皮膚疾患のこと。食生活や生活環境、遺伝や人間関係、精神的なストレスなど、さまざまな要因が重なり合って発症すると言われています。

症状としては、湿疹と強いかゆみが特徴で、湿潤した局面から組織液が浸出したり、慢性化すると、鳥肌だったようにザラザラしたものができ、皮膚が次第に厚くなったりします。

普段のアトピーへの対処法としては、お風呂に入って皮膚を清潔な状態にし、常に保湿させ、潤いのある状態にしておくこと。つまりスキンケアに注意を払うことです。

また、近年、アトピー性皮膚炎の症状にかかっている人にはセラミドが不足していることわかってきました。

そのため、セラミドを補給したり、セラミドを多く含む食品を摂取することも重要です。

セラミドとアトピー

アトピーとは、皮膚に痒み・炎症を発症したアルルギー疾患のこと。アトピーは、季節や年齢によって症状が変化することが多いようです。

アトピーの人に共通して言えることは「皮膚が弱い」ということ。アトピーになると、肌はカサカサと乾燥している状態に。しかも、皮膚炎を起している部分だけでなく、体全身が乾燥肌になっています。

アトピーの原因にはいろいろ挙げられていますが、その一つにセラミド不足が指摘されています。

アトピーの人は、皮膚の細胞間脂質に多く存在するセラミド1(アシルセラミド)の量が正常人の約10分の1、セラミド2~6の量は正常人の2分の1ないし3分の1と少ないのです。そのため、保湿機能が減少、すぐに乾燥してしまいます。それにより皮膚のバリア機能が低下し、外部から刺激物が侵入、皮膚炎を発祥します。

アトピーの治療には、スキンケアや規則正しい生活、ストレスの解消、食事療法などいろいろありますが、セラミド不足が背景にあるアトピー性皮膚炎においては、セラミド配合のクリームなどを使用するといいでしょう。ただし、皮膚科の先生に診てもらうことまずが第一です。